皮脂の中にある脂肪酸と活性酸素を減らして加齢臭を予防

加齢臭は40歳を過ぎた辺りから出てくると言われていて皮脂の中にある脂肪酸が過酸化脂質と混ざってしまい酸化してしまうと発生してしまいます。

また活性酸素が増えてしまっても臭いが発生してしまうので加齢臭を予防するに皮脂の中にある脂肪酸と活性酸素を減らしていく事が大切になってきます。


おいにー

皮脂の脂肪酸は脂質の多い食べ物を多く食べていると過剰に分泌するようになってしまいます。

そのため肉類、揚げ物などはなるべく控えるようにした方がいいでしょう。
野菜、魚、大豆製品などを中心とした食事をすれば臭いの予防にも繋がっていきます。

活性酸素はアルコールやニコチンを多く摂取してしまうと発生してしまいます。

そのためお酒は毎日飲むのではなく週に1回にするなど適量にしておきましょう。
またたばこに関してはお酒以上に害があるので控えるようにした方がいいでしょう。

加齢臭はワキガのようなそれほど強い臭いではないので自分ではなかなか気づかないものです。
そのため周囲の人に指摘されて気づく事が多いと思います。

しかし周囲の人に指摘されるという事は周囲の人に臭いと言われている事なので避けられてしまう可能性もあります。
周囲の人に指摘される前に自分自身でケアをしておくようにしましょう。